【12/15(金)開催】活動進化プログラム 公開講座#05 -ママと子どもが暮らしやすい京都を、実践者とトコトン考える!-

Description
実践者たちとトコトン、トークで考える
ママと子どもが暮らしやすい京都

あなたの考えやアイディアを持ち寄りながら
京都市のまちの課題に向き合いみんなで考える
座談会形式の公開講座を開催していきます。

今回のテーマは「女性が住みやすいまち」

京都市が策定した「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の中にある
5つの基本目標の1つに『人々や地域のやさしさあふれる子育てしやすい環境を高め
若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる』という目標があり

その実現のための施策として
施策①『結婚支援~「子育て・教育環境 日本一」 を実現するための子ども・子育て支援』と、
施策②『地域ぐるみで子育てを支え合う子育て支援の風土づくりと
「真のワーク・ライフ・バランス」の推進』があります。

京都市でも、様々な施策や計画が進められるなか
実は市民が自らプロジェクトを掲げ、ママや子どもが暮らしやすい環境づくりに
チャレンジをしている事例もとても増えてきました。

今回は、そんな実践者がプロジェクトを通して見えてきた
様々な経験や知識を教えてもらいつつ
参加者とともに新たな実践や具体的に活動を進められている
プロジェクトのアイディアを語っていきたいと思います。

講座終了時には「女性が暮らしやすいまちをつくるには」を整理しつつ
新たな出会いやアイディアから繋がりが生まれることを目標に開催していきます。

参加については、ママや子ども向けの活動をしている実践者の方はもちろん
活動を始めたい方、応援したい方、実際にアイディアをお持ちで
これから実践したい方など、興味がある方であれば
どなたでもご参加頂けますので是非この機会にお気軽にご参加ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▶︎Special guest

岡田 能子(Okada Yoshiko)
MaMan KYOTO 代表


1985年京都生まれ。1児の母として育児を行いながら
家業の「京都旅企画」で京都の伝統産業・伝統文化等の
体験プラン、企画コーディネーターとして活躍。

また、出産を機に、子供が描く絵をどうすればいかにかっこよく可愛く残せるかを考えた末
スペイン語で「かわいい女の子」を意味する「PePe」というブランドを立ち上げ
京都の伝統である金彩友禅で実用的かつ身近な物にデザインすること
いろんな方向に子供の才能が向いていくような『ものづくり』を事業としてスタートさせる。

2016年より、共同発起人となる柳原と出会い、子供が楽しめる場所は沢山あるけれど
ママが楽しい場所・輝ける場所・笑顔が増える場所・新しい繋がりが生まれる場所が欲しいと
自分たちで『MaManKYOTO』を立ち上げ、様々な人たちを巻き込み企画・運営を始める。

同年12月に開催した「てらまる。」では200名を超える来場があり話題となった。

-----

山本 安佳里(Yamamoto Akari) / フリーランスデザイナー
コドモト 主催


1984年札幌出身。多摩美術大学・生産デザインプロダクトデザイン学科卒業。
メーカーのデザイン、デザイン事務所を経て2015年より「AKARI DESIGN」開始。
ブランディングやディレクション、グラフィックデザイン、プロダクトデザインと多岐に渡り活動中。

2歳の女の子の母。自分自身が母になったことをきっかけに
「こども=未来」だと実感し「コドモト」を立ち上げる。
子連れタブーの場所への挑戦・京都が誇る素晴らしい伝統のお祭りを繋いでいけるよう
「こどもと行こう!祇園祭」を2017年度より始動させる。
未来を担うこどもと一緒に考える、多様な未来のカタチを日々模索中。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【活動進化プログラム / 公開講座とは】
京都がもっとよくなる、もっと住みやすくなる
まちづくりの取組み提案を、市民グループ・地域団体
NPO,企業, 大学から募り、実現を進めてきました。

今回は、さらに京都市内の各種支援団体や京都外の企業
ソーシャルセクターの実践者を講師として招き
成果を加速させていくサポートプログラムを開催します。

特に、地域の多様な人々を巻込み、人や資源を繋ぎ
実現を進めてきた講師陣により

・ 8 /26(土) Question (良い問いのつくりかた)
・ 9 /15(金) PR/Marketing (SNS時代の広報戦術)
・10/20(金) Fundraising (資金調達最前線を学ぶ)
・11/17(金) Collective Impact① (協働事例に学ぶ)
・12/15(金) Collective Impact② (協働事例に学ぶ)
の全5回を開講します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*開催概要*

【日時】2017/12/15(金)18:00-20:30 (17:45開場)

【場所】天性寺
    京都市中京区天性寺前町522-4

【定員数】30名( ※申込先着順)

※あわせて、京都市「まちづくり・お宝バンク」への
ご提案がまだの方は、こちらから取組提案をご応募下さい!

【参加費】無料

【プログラム(仮)】
 17:45 開場
 18:00 はじまりの挨拶/主旨説明
 18:15 ゲストトーク
 19:15 とことんトーク座談会
 20:30 終了

託児をご利用いただけます。
ご希望の方は、5日前までにお申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【京都市"みんなごと”のまちづくり推進事業提案】
京都市では,京都市版地方創生の推進ため策定した
「まち・ひと・しごと・こころ京 都創生」総合戦略において
市民と行政が共に人口減少問題に取り組む仕組みとして,
「地方創生に資する市民の主体的取組提案」を募集しました。

その結果,本市からの経済的支援がないにも関わらず
昨年度から現在までに約240件もの意欲的な御提案が寄せられ
人口減少対策に限らない可能性が期待できます。

さらに、現在はこの仕組みを市政全般に活かし
募集テーマを「市政全般,まちづくり全般」に拡大し
より広く市民の皆様から意欲的な取組提案を募集しています。

【応募方法】
京都市のホームページから応募いただけます。
また,市役所本庁舎,区役所・支所等に配架する
応募用紙に必要事項を記載のうえ,郵送,FAX,Eメールの
いずれかでも応募可能です。

みんなでつくる京都 情報サイト
https://tsukuru-kyoto.net/bank/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:京都市総合企画局
運営:有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

※同事業は京都市”みんなごと”のまちづくり推進事業の
活動進化プログラムの委託事業として運営しています

【問合せ先】
有限責任事業組合まちとしごと総合研究所
(担当:東、井上)
TEL:075-257-7871 MAIL:office@machigoto.net

京都市総合企画局総合政策室創生戦略・市民協働推進担当 
TEL:075-222-3178
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#296937 2017-11-21 06:51:40
More updates
Fri Dec 15, 2017
6:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(無料)
Venue Address
京都市中京区天性寺前町522−4 Japan
Directions
最寄りバス停、市バス 「 河原町三条 」 最寄り地下鉄駅 「 京都市役所前 」
Organizer
“みんなごと”のまちづくり推進事業 -活動進化プログラム&交流会-
289 Followers